一般眼科、日帰り白内障、緑内障診療、眼鏡処方、コンタクトレンズ処方

白内障手術

ホーム > 白内障手術

白内障とは

白内障とは、水晶体が年齢とともに白く濁って視力が低下する病気です。
水晶体とは、目の中でカメラのレンズのようなはたらきをする組織で、外からの光を集めてピントを合わせるはたらきを持っています。
通常は透明な組織ですが、白内障では白く濁ってしまうため、集めた光がうまく眼底に届かなくなり、次のような症状が引き起こされます。

白内障

白内障の症状

通常の見え方・白内障の見え方

代表的な症状
  • 視界が全体的にかすむ
  • 視力が低下する
  • 光をまぶしく感じる
  • 暗いときと明るいときで見え方が違うなど

白内障の手術

白内障が進行した場合、治療は手術が必要になります。
白内障の手術は、まず水晶体の濁りを取り除き、代りに眼内レンズを移植する手術を行います。眼の他の部分(網膜や視神経、角膜など)に問題がなければ、視力の回復が期待できます。

手術手技の進歩により、手術後の回復が格段に早くなりました。手術は痛みもありませんのでご安心ください。手術時間は10~20分程度です。当院でも日帰りの手術を行っております。

白内障

眼内レンズについて

白内障眼内レンズの進歩により、いろいろなタイプのものから選べるようになりました。
紫外線を吸収するもの、サングラスのように少し色がついたもの、手術するときの切開を小さくするためレンズを折りたためるようにしたもの、乱視の強い患者さんに適したもの、遠近両用の多焦点レンズ(保険適応外)などがあり、年齢や目の状態によって使い分けることができます。

眼内レンズは長持ちしますので、基本的には取り替える必要はなく、一生使うことができます。
当院では、普通の単焦点レンズに加えて

・乱視の強いかた向けのレンズ(ト―リック眼内レンズ)
・ピントが合う距離が複数あるレンズ(多焦点眼内レンズ)
も扱っております。

白内障手術の際に目に挿入する眼内レンズは以下の二つに大別できます。

多焦点眼内レンズ

眼内レンズには大きく分けて単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズがあります。眼内レンズは人の水晶体と違い、ピントを調節する機能はありません。

単焦点眼内レンズ 単焦点眼内レンズ
単焦点レンズ
ピントが合う距離が1つなので、患者さんはご自分の生活スタイルに合わせて、手元から遠くまでのどこか1点で、ピントの位置を選ばなければなりません。
選んだピント以外の距離にはピントが合わないので、その距離を見るためには眼鏡が必要になります。
この写真では遠くにピントを合わせていますので、手元のガイドブックの文字を眼鏡なしで見ることはできません。老眼鏡が必要になります。
多焦点眼内レンズ
ピントが合う距離が複数あるので、眼鏡に依存する頻度をかなり減らすことができます。眼鏡のかけはずしの煩わしさを解消することが可能です。
多焦点眼内レンズは若い頃の見え方のように、眼鏡なしですべての距離にハッキリとピントを合わせられるわけではありません。しかし、おおむねどの距離にもピントを合わせることができます。
ただし、単焦点のピントを合わせた距離の見え方と比較すると、やや見え方の質が低下します。

当院では世界でも最高の性能を持つ
・Lentis Mplus(ドイツ Oculentis社)
・Fine Vision(ベルギー PhysIOL社)
・・・の2種類の多焦点眼内レンズを取り扱っております。

手術後の視力について

眼内レンズのタイプにより、手術後の見え方に違いがあります。
遠くにピントが合う眼内レンズの場合、手術後お手元の新聞や本などの細かい字は読みにくくなっています。

逆に近くにピントが合うレンズの場合、遠くの人の顔や標識などは見えにくくなっています。(※眼の状態によって見え方には個人差が生じて、必ずしも狙い通りにならないこともございます。ご了承ください。)
視力が落ち着くまで1~2か月かかります。そのため、眼鏡は視力が落ち着いてから作成します。(約2か月後)

白内障

手術の流れ

手術当日

  • 手術予定2時間前にご家族のかたと来院していただきます。
  • 手術室に入っていただく前に、抗生剤の点滴をします。
  • 手術の開始時間まで待合室でしばらくお待ちいただきます。
  • 順番が来ましたら、手術室に入室していただきます。
  • 手術後、点滴が終わり次第、帰宅していただきます。

※当日はお化粧は控えてください。

手術当日の過ごし方
  • 当日はできるだけ出歩かず、自宅で安静にしてください。
  • お食事はいつも通りお召しあがりください。
  • アルコール類は4日間(抗生剤内服中)は控えてください。
  • 手術当日の入浴・洗髪は控えてください。
  • 手術当日は点眼はしません。内服薬のみ、夕食後から内服してください。
※当日は眼帯を外さないでください。翌日の診察までそのままにしてください。

術後

以下のようなペースで通院していただきます。
(※術後経過や患者さんの御都合により、多少異なる場合があります。)

白内障

以後は1か月後、2か月後と間隔があいていきます。

手術後の安静度

白内障

手術後生活の注意事項
  • 手術の翌日は洗顔ができませんので顔を拭くだけにしてください。
  • 首から下のシャワーと仰向けの洗髪は手術翌日から可能です。
  • 普通の洗顔、洗髪、入浴は手術一週間後から可能です。
  • ただし、水や泡、汗等が眼に入らないように注意してください。
  • 眼帯は手術から一週間着用していただきます。
  • 激しい運動は控えてください。
  • 埃の多い場所で過ごすことは避けてください。
  • 簡単な家事はしていただいて結構です。
  • 眼をおさえたり、ぶつけたりしないように気をつけてください。