一般眼科、日帰り白内障、緑内障診療、眼鏡処方、コンタクトレンズ処方

白内障手術

ホーム > 白内障手術

白内障とは

白内障とは、水晶体が年齢とともに白く濁って視力が低下する病気です。
水晶体とは、目の中でカメラのレンズのようなはたらきをする組織で、外からの光を集めてピントを合わせるはたらきを持っています。
通常は透明な組織ですが、白内障では白く濁ってしまうため、集めた光がうまく眼底に届かなくなり、次のような症状が引き起こされます。

白内障

白内障の症状

通常の見え方・白内障の見え方

代表的な症状
  • 視界が全体的にかすむ
  • 視力が低下する
  • 光をまぶしく感じる
  • 暗いときと明るいときで見え方が違うなど

白内障の手術

白内障が進行した場合、治療は手術が必要になります。
白内障の手術は、まず水晶体の濁りを取り除き、代りに眼内レンズを移植する手術を行います。眼の他の部分(網膜や視神経、角膜など)に問題がなければ、視力の回復が期待できます。

手術手技の進歩により、手術後の回復が格段に早くなりました。手術は痛みもありませんのでご安心ください。手術時間は10~20分程度です。

白内障

眼内レンズについて

白内障眼内レンズの進歩により、いろいろなタイプのものから選べるようになりました。
紫外線を吸収するもの、サングラスのように少し色がついたもの、手術するときの切開を小さくするためレンズを折りたためるようにしたもの、乱視の強い患者さんに適したもの、遠近両用の多焦点レンズ(保険適応外)などがあり、年齢や目の状態によって使い分けることができます。

眼内レンズは長持ちしますので、基本的には取り替える必要はなく、一生使うことができます。

手術後の視力について

眼内レンズのタイプにより、手術後の見え方に違いがあります。
遠くにピントが合う眼内レンズの場合、手術後お手元の新聞や本などの細かい字は読みにくくなっています。

逆に近くにピントが合うレンズの場合、遠くの人の顔や標識などは見えにくくなっています。(※眼の状態によって見え方には個人差が生じて、必ずしも狙い通りにならないこともございます。ご了承ください。)
視力が落ち着くまで1~2か月かかります。そのため、眼鏡は視力が落ち着いてから作成します。(約2か月後)

白内障